血糖値を下げる方法|食品・飲み物・サプリメントを徹底解析

高い血糖値が気になり始めた方へ食品・飲み物・運動など生活習慣の改善で気を付けてほしい箇所をまとめています。簡単にはじめられるおすすめのサプリメントを紹介していますので参考にしてみてください。

血糖値対策に青汁は野菜が豊富に摂れることから健康面でもおすすめ

      2016/04/04

40代や50代になると、自分の「健康」が気になるという人も増えてきます。自分と同じ世代の芸能人の入院話や、身近な人の訃報を耳にするたびに「自分は大丈夫だろうか」と不安になる人もいるのではないでしょうか。40代や50代になると、正直なところ「何が起きてもおかしくはない」ですよね。病気を防ぐため、または早期発見するために健康診断は定期的に受けたいものです。

40代以降の健康を害する「きっかけ」の多くは「血糖値」が高いことだと言われています。血糖値が高いと、まず最初に糖尿病が疑われます。実は糖尿病が疑われる人の割合は、40代では16%、50代では30%にものぼるのです。ですから、40代以降になったら積極的に「血糖値対策」を行いたいものですね。

食後の血糖値は誰でも上がる

誤解している人も多いので、ここで1つ言っておきます。食後の血糖値はだれでも上がります。子どもでも大人でも、健康な人でも誰であっても食事をすれば血糖値は上がるのです。

血糖値の上がり方に驚く人もいるかもしれませんね。健康な人であっても、食後に血糖値は急上昇します。とはいえ、健康な人なら血糖値が140mg/dlを超えることはありません。

では、なぜ食事をすると血糖値が上昇するのでしょうか。

それは、食事に含まれる炭水化物が体内でブドウ糖に分解されるからです。ブドウ糖はエネルギー源となるものですが、血液中にある状態ではエネルギーとしては使えません。細胞に吸収されて初めて、エネルギーになるのです。

この「細胞に吸収させる」ことがうまくできないため、血糖値が高いままになってしまうのです。この状態は体に多大なる負担がかかるので、一刻も早く血糖値を下げなければいけません。

大正製薬のトクホの青汁がおすすめ

健康を気にしている人なら、「青汁」を飲んだことのある人もいるかもしれませんね。

青汁は普段の生活ではなかなか摂ることのできない大麦若葉、ケール、明日葉などの「緑の野菜」を豊富に含んでいることで知られています。野菜不足が懸念される現代人にとって、積極的に飲みたい飲み物のひとつです。

そんな「健康維持」のイメージの強い青汁で、血糖値を下げるものがあるのをご存じでしょうか。それは大正製薬の「トクホの青汁」です。トクホ、特定保健用食品に認定されているものですので、「血糖値を下げる効果」は確立されています。

大正製薬トクホの青汁には、糖の吸収を穏やかにする成分でもある「難消化性デキストリン」が配合されています。他の青汁にも難消化性デキストリンが含まれているものはありますが、その量は圧倒的に違います。大正製薬の青汁には、なんと5.1gも配合されているんですよ!

食事のお茶の代わりに飲むことで、30分後の血糖値の上昇を緩やかにすることができます。血糖値が高い状態は体に負担をかけるので、食後の「血糖値の急上昇」を防げるのは重要です。青汁は野菜が豊富に摂れることから健康面でもおすすめなので、ぜひ積極的に飲んで健康維持とともに血糖値を下げていきましょう。

トクホの青汁に頼りすぎてはNG

先ほど紹介したトクホの青汁は、確かに「血糖値を下げる効果」があります。飲むのと飲まないのとでは、食後の血糖値の上昇の仕方には明らかな差があることが分かっています。しかし、この青汁に頼りきって他の対策を何もしないのではいけません。

血糖値対策の基本は、食生活の改善や運動をすることです。青汁を飲むだけで血糖値が下がるのは魅力的ではありますが、好きなものを食べたいだけ食べたり、運動をまったくしないのでは血糖値対策にはなりませんよね。自分でできることは行い、きちんと生活習慣の改善も試みることを忘れないでくださいね。

 - 飲み物