血糖値を下げる方法|食品・飲み物・サプリメントを徹底解析

高い血糖値が気になり始めた方へ食品・飲み物・運動など生活習慣の改善で気を付けてほしい箇所をまとめています。簡単にはじめられるおすすめのサプリメントを紹介していますので参考にしてみてください。

自分の体をしっかり知って生活習慣を改善しよう。お風呂も補助的役目です

   

40代や50代になると、若い頃と同じような生活をするのが辛いと感じることも増えてきます。寝ても疲れが残っていたり、少しの量で胃がもたれてしまうなんて経験のある人もいると思います。いつまでも元気だと自負している人も、「体の中」はどうでしょう。目で見ることのできない体の中が健康かどうかは、普段の生活で判断することはできません。

心と体の両方が健康でなければ、それは真の健康とは言えませんね。そのためには健康診断や人間ドッグを定期的に受け、自分の体をしっかり知ることから始めましょう。

年齢とともに血糖値の高い人は増える

健康診断でチェックしたいポイントの1つが血糖値です。血糖値が高いと「糖尿病」や「高血圧」などの様々な病気になる確率が高くなります。実は、血糖値の高い人の割合は年齢とともに増加していくことが分かっていて、それは40代ではおよそ16%なのに対し、50代ではなんと30%にまで上がります。
血糖値が高くなるのは、生活習慣が乱れている証拠です。

好きなものを好きなだけ食べていたり、体を動かさずにゴロゴロしていたりしていませんか?このような生活を送っていると次第に血糖値は高くなっていき、40代や50代になるとそのツケが回ってきている、そんなイメージでしょうか。

血糖値の高さは血液検査をしないと分からないため、気付いたときにはすでに糖尿病だったということも珍しくはありません。血糖値が高いと指摘されたら、すぐに生活習慣を改めて血糖値を下げなければいけません。

血糖値は食べたものの糖質がブドウ糖に分解されて、血液内にどのくらいのブドウ糖があるのかを示した数値です。高ければ高いほど、血液内にブドウ糖が溢れていることになります。これでは血液がドロドロになってしまいますし、健康に良いとは言えませんね。

お風呂は入り方次第で血糖値を下げられる?

血糖値を下げる手軽な方法の1つに、「お風呂」があります。みなさんお風呂には毎日入っていますよね?実は、この毎日入っているお風呂で「血糖値を下げる」ことができる、ということを知っていましたか?

お風呂に入ると体がポカポカと温まります。体温が上がるとインスリンの吸収率が上がるため、血糖値を下げることができるのです。血糖値を下げるためには、インスリンというホルモンの働きが欠かせません。このインスリンが通常通り働かなくなると血糖値を下げることができず、血糖値は高いままになってしまいます。

お風呂に入るとインスリンの吸収率が上がる、という話をしましたね。しかしこれは、1つ間違えると低血糖になってしまう危険性もあるので注意が必要です。空腹時のお風呂に入るのはやめましょう。お風呂で逆上せて、クラクラしたり気持ち悪くなった経験のある人もいますよね。これはすべて低血糖の症状です。

血糖値を下げるためのお風呂の入り方は、
・食後30分~1時間後に入る
・コップ1杯の水を飲む
・ぬるめのお湯に入る
ことです。

熱いお風呂が好きだという人もいるでしょうが、血糖値を下げるためにはお風呂はぬるめに設定してくださいね。

お風呂に入るだけでは根本的な改善にはならない

血糖値を下げるためにはお風呂が効果的です。

しかし「お風呂に入るだけ」で血糖値の根本的な改善にはなりません。生活習慣を改善しない限り、血糖値が正常値になることはありません。お風呂で血糖値が下がるのは一時的なことでしかないからです。

食事をすれば、また血糖値は上昇してしまいますよね。ですから、まずは生活習慣を改善することを心がけましょう。その改善の補助的役目を担うのが「お風呂」なのです。いきなりすべての生活を変えるのは難しいですが、少しずつ、できるところから改善していくことが大切です。

 - 普段の生活