血糖値を下げる方法|食品・飲み物・サプリメントを徹底解析

高い血糖値が気になり始めた方へ食品・飲み物・運動など生活習慣の改善で気を付けてほしい箇所をまとめています。簡単にはじめられるおすすめのサプリメントを紹介していますので参考にしてみてください。

高血糖による食事制限がストレスに感じてきた人におすすめの宅食

      2016/04/01

健康診断などで、「血糖値が高い」と言われた人もいると思います。血糖値が高くなってしまったら、今のまま同じ生活を続けていくのは危険です。なぜなら、血糖値の上昇は「生活習慣の乱れ」が原因だからです。つまり、今と同じ生活をし続けていけば「血糖値はどんどん高くなる」ということなのです。

高血糖は糖尿病を招く他、高血圧や動脈硬化を引き起こすこともある、とても恐ろしいものです。一刻も早く生活習慣を改め、血糖値の上昇を食い止めなければなりません。

血糖値をコントロールするためには、食事制限が必要

血糖値をコントロールするためには、食事制限をすることが必須です。

なぜなら、血糖値というのは食事によって摂取した炭水化物などの糖質がブドウ糖に分解されることで上昇するからです。糖質を摂ることで血糖値は高くなるわけですから、食事制限によって「糖質を制限」することが大切になるわけです。

血糖値を下げるための食事制限は、主にGI値の高い食品を制限することになります。GI値というのは「糖質の吸収速度を示す数値」のことで、高ければ高いほど血糖値を上昇させる力が強いことを意味しています。

目安として、GI値70以上のものは控えるよう指示されると思います。参考までに、白米のGI値は84、食パンは91と高い食品です。GI値の高い食品というのは、主に炭水化物です。炭水化物は糖質ですから、血糖値を急上昇させてしまいますね。

つまり、高血糖を改善するための食事制限では、主食を制限しなければならないのです。

主食好きの人におすすめの食事制限は「宅食」を利用すること

パンが好き、ラーメンが好き、そして何より白いご飯が好き!という人にとって、炭水化物を制限しなければならない食事制限は、とても辛いものになると思います。1日や2日ならなんとか我慢できても、それが毎日続くのです。

もう二度と、飲み会の後にラーメンを食べたり白いご飯を好きなだけ食べることができないと思うと、絶望さえ感じてしまうかもしれません。実際、好きなものを我慢しながら生きるのなら早死にしてもいい!という人すらいるほどです。

それほど食事制限というのは過酷なものであり、相当のストレスになるものなのです。

自分自身で食事制限をするのはとても大変です。つい甘えが出てしまうこともあるでしょうし、食べてしまって落ち込むこともあると思います。

「食事制限がストレス」に感じてしまったら、食事制限に対応している「宅食」を利用してみるのはいかがでしょうか。血糖値対策に対応している宅食をご紹介しましょう。

健康宅配

こちらの「すこやか膳」は、なんと血糖値の改善に有効だということが医学的にも証明されたメニューとなっています。10食セットで9975円、15食セットでは13650円と、まとめ買いのほうがお得となっています。

ウェルネスダイニング

糖尿病など血糖値に対応したコースもあります。100種類以上ある豊富なメニューで、飽きずに食事制限をすることができます。若干薄味ではありますが、おいしさには満足している人が多いです。

ストレスなく食事制限をすることが、何よりも血糖値を下げる効果が高い

糖質を含むものを極力控えていけば、血糖値の急上昇は防げます。しかし、血糖値の高い人で「炭水化物が嫌いだ」という人はほとんどいないはずです。

そんな人は血糖値が高くはならないでしょう。好きなものを我慢するストレスというのは、血糖値を上昇させることにつながるのです。

ストレスを溜めながら食事制限をしても、思うような効果は得られないと思います。ストレスなく食事制限をすることが、血糖値を下げるためには何よりも重要であり大切なことなのです。

 - 食事